分かれ道

e0173530_7543372.jpg

安曇野 8月 2012 その2

 舎爐夢の前から続くあぜ道。

 このあぜ道は舎爐夢の前から臨む風景のアクセントになっている。
 少し行くと、左側に舎爐夢の畑がある。

 では、その先はどこに向かっているのか。
 意外に先まで行ってみる人は少ないのではないか。

 両側には畑が続く。しばらくは木などがないので、夏の陽射しが強いときは歩くのがきついが、やがて左側に二本の柿の木が立っている。その木陰に身を寄せると、とたんに涼しい風が流れてくる。

 その二本の柿の木の先にこの分かれ道がある。


 さて、どちらに行ってみようか…

 楽しい悩みだ。


 どちらに歩いていっても気持ちのいい風景が待っていてくれるような気がする。

 自分の家の近くにも、こんな分かれ道があったらいいのになあ。



 副菜Alien Bar Backyardも併せてお楽しみください。

 

  ご覧になったら押してみてください。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by marf1966 | 2012-08-17 08:04 | 安曇野

舎爐夢の夏

e0173530_23401616.jpg

安曇野 8月 2012

 安曇野の夏。

 舎爐夢の夏。

 青い空に白い雲…

 やっぱり気持ちがいい。
[PR]
# by marf1966 | 2012-08-05 23:44 | 安曇野

眠り込む舎爐夢

e0173530_613135.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by marf1966 | 2011-03-09 06:02 | 安曇野

冬の安曇野 夜明け前

e0173530_22495018.jpg




安曇野 2月

 冬の安曇野を撮影のために初めて訪れた。
 本当は雪景色を撮りたいと思っていたのだが、こちらの訪問日程に自然が合わせてくれるという
いうようなことはなく、平地にほとんど雪はなかった。

 それでもどこかに冬の安曇野を感じることが出来る風景があるはずだと夜明け前からカメラを
携えて、舎爐夢にやってきた。

 月が太陽と交代するまでの最後の一時、月明かりが雪の山の上の空を深く沈む青で染める。

 深閑とした空気と相まって、荘厳な風景を醸し出す。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by marf1966 | 2011-03-06 22:59 | 安曇野

Happy New Year!2011

e0173530_2047147.jpg




 あけましておめでとうございます。

 新春にあたり、昨年たいへんお世話になったイル・フィオレットさんからお花をいただきました。

 昨年11月、12月は2回目の写真展の準備・開催でなかなか更新が出来ません
でしたが、また少しずつアップしていきたいと思っておりますので、どうぞよろし
くお願いします。

 今年もBackyardも併せてお楽しみください。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by marf1966 | 2011-01-03 20:54 | 日々のこと

ここは100年以上は使ってるよ

e0173530_22164899.jpg



Hokkaido 2010 Summer 11
北海道網走郡津別町 柏葉牧場
Hokkaido Tsubetsu town Kashiba Farm

 おじさんは、大きな扇風機の前で草刈り機の手入れをしながらそう教えてくれた。

 確かにいろいろなものが染み込んでいる場所のような気がした。

 Backyardも併せてお楽しみください。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by marf1966 | 2010-10-23 22:21 | 北海道

牛舎から牧草地に続く道

e0173530_22293160.jpg



Hokkaido 2010 Summer 10
北海道網走郡津別町 柏葉牧場
Hokkaido Tsubetsu town Kashiba Farm

 朝の搾乳が終わると、牛たちは牛舎を出てこの道を通って、建物の周りにある牧草地に
出て行く。
 牛たちの地面を踏んだ跡がたくさん残っている。

 別に歩いてはいけないと言われたわけではないのだが、何かとても神聖な気がして恐れ多くて
歩くことは出来なかった。

 Backyardも併せてお楽しみください。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by marf1966 | 2010-09-26 22:34 | 北海道